2007年01月17日

1.17

あれから12年経ちました。
今日はニュースを見るたび何度も12年前のことを思い出しました。

でも私は被災者ではありません。
もちろん大阪にいたのであのものすごい揺れは経験して、部屋の中はぐちゃぐちゃだったけど、神戸、淡路や大阪でも倒壊した家もあり、もっとすごい被害を受けた方のことを思うと、うちなんて被害のうちに入らない。

でも揺れてる最中に私、この揺れってまるで『ロデオ』みたいと思ったことを今でも鮮明に覚えてる。
自分でブレーキをかけたくてもかけられない、しっかりとつかまってないと振り落とされる状況。そう。まるでロデオ。
周りの人に聞いたらあんな状況でそんなこと考えられないと言うんだけど、人間究極の状態の時って思いもしないことを考えたりするのかな。
母が急死した時も、まず何を思ったかというと、これで耳かきしてくれる人がいなくなったな〜って。
いつも田舎に帰るたびに母の膝枕で耳かきをしてもらっていたんです、24歳まで。
地震の時も、母が亡くなった時もなんでそんなことを考えたかわからない。

7階建ての最上階に住んでいたので、このまま崩れて本当にもう死ぬのかなとも思いました。
怖いと思いながらもあの瞬間にいろんなことを考えてたんだと思う。

揺れがおさまると同時にテレビをつけました。
幸い電気も切れることがなかったので。
もうどこのテレビ局も地震情報。
時間が経つごとに増す被害状況。映画の中の世界みたいな。
他の地域はわからないけど、関西では何日間かは普通のテレビ番組は全く放送されませんでした。
でも24時間ずっとテレビから離れられなかった。
電気が切れなかったことは本当に幸せだったと思います。
ガスも大丈夫だったし、マンション屋上のタンクが壊れたものの水道も大丈夫でした。
たくさんの被害者が出ている状況で、今思うと申し訳ないとさえ思います。

もう二度とあんなことが起こりませんようにと思うのだけど、あれから何度も各地で地震が起きていて、いつまた関西にも大きな地震があるかわかりません。
でもどうかもう起こりませんように。。。
posted by ふくまま at 23:45| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31592824

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。