2006年08月08日

天国からの手紙

霊感とかあまり信じる方じゃないんだけど、江原さんのこの番組は好きでいつも見てる。
亡くなった家族との再会。
これ、泣けるんよね〜たらーっ(汗)

子供が親よりも先に逝くのは悲しすぎるもうやだ〜(悲しい顔)
自分の身体を引きちぎられるくらいの辛さだと思うよ。
子供に限らず、家族を亡くす辛さっていうか、痛さ、経験してみないとわからへん。
言葉にできないくらい、それまで経験したことのない苦しさっていうのかな。
私も24歳の時に母を亡くしたのは、本当に突然で、島根に帰った時は既に息はなかった。母の死をなかなか受け入れられなかったもの。
だからこの番組を見るたびに、母がどんな思いだったのか知りたい。
でも今日の番組を見てると、亡くなった人は残った家族が悲しんだり、争うのが一番心残りなんだって。
家族みんな仲良く暮らすのが何よりの供養になるって。
だから天国で、私が幸せに暮らしてる姿を微笑んで見てくれてる気がするよ。

そして今日、一番泣けたのは最後の家族。
奥さんと3人の子供を残して他界したご主人。
その子供の中に航輝と同い年の男の子がいて、普段はお父さんが亡くなった悲しさを顔に出さないという。
でもスタジオでお父さんの話をするうち号泣。
これを見た瞬間、もうダメ。
航輝と同い年なだけに、なんかとっても切ないもうやだ〜(悲しい顔)
もしうちがこんな立場になったらと想像してしまって。
番組が終わった今も思い出しただけで泣けてきて、思わず航輝をギュ〜って抱き閉めてしまったよ。
なんのことやらわからん航輝は迷惑してたけどあせあせ(飛び散る汗)
家族誰が欠けてもアカンわ。
みんな元気でいることが一番。
パパ、身体気ぃつけてやあexclamation×2
posted by ふくまま at 23:10| 大阪 ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | テレビ・芸能 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふくまま♪なかなか来れなくてごめんね。
私もこの番組だけは毎回見ています。
(今日も録画してさっき見終わりました)
涙ボロボロ。。。
私の両親はまだ健在だけど、ふくままがお母様を亡くした事は
だいぶ前から知っていました。
親を亡くした悲しみ。考えるだけど胸が苦しくなします。
子を失う親の気持ちもちろん同じです。
実は12年前の今日は、私にとって大切な人を亡くした日なのです。
数年間は立ち直ることが出来ず悲しんでばかりいました。
でもそれじゃ、安らかに眠れない苦しめているという事を知り
それからは悲しまず、「いろんな事を教えてくれてありがとう・・・」
という気持ちで過ごしています。

ふくぱぱはもちろん、ふくままもず〜っと元気なふくままでいてね☆
ふくままにぎゅ〜!されたいのりすけでした。
おじゃましました〜。また来るね〜
Posted by のりすけ at 2006年08月08日 23:45
家族誰が欠けてもアカン寧みんな元気でいることが一番囹ホントそうですよね。
家族を亡くしたときの辛さ痛さ、どんなんだろう…。
私も家族が悲しんだり、争ったりするよりも、仲良く明るく元気に居るほうが良いと思います。
これは昔っから父親に言われてるんですよ秊こう言うことにはホントにうるさくて怜

それに家族みんな揃って暮らせることを当たり前と思っていてはダメ寧だと思っています蓮
父親は夕飯が終わるといつも「ありがとうなっ秊楽しい食事やった」って言ってくれます。

今、世間で悲しい事件が多いですが、家族が元気鍊で健康でいる幸せを感じ、家族といる時間を大切にしてほしいな
Posted by さーC at 2006年08月09日 00:49
天国からの手紙・・すごく楽しみにしとったのに、福岡はホークス戦中継やったけん放送されんやった(涙)

そのうち福岡も放送されるやろうけん待っておこう・・
Posted by ちゃいぶ☆ at 2006年08月09日 07:12
昨日この番組をPCに録画していた
主人に長女が言った一言・・
「私こいうの嫌い、なんか信じられないモン」
私はそれを聞きながら、それはきっと君が
まだ大切な人を亡くした事がないからだよって心の中で思いました。
かく言う私もまだ肉親を亡くした事がないので大きな事はいえませんが、大切な人を
なくした人にはそれぞれいろんな思いが
あってもそれが少しでも楽になるのなら
とっても良いと思います。
Posted by 藤子 at 2006年08月09日 15:41
ふくまま♪こんバイク〜
私も“天国からの手紙”見て涙・涙(T_T)
家族が突然いなくなる…考えただけで切ないよね
私は両親とも亡くしてるから、今もどこかで見守ってくれているのかなぁなんて考えたよ
供養とは残された者が幸せになること、確かにそうだよね
今のこの幸せがいつまでも続きますように☆
Posted by まみぃ at 2006年08月09日 19:48
えっ?見逃した(ノ◇≦。)
って思ったらちゃいぶ☆のカキコを見て納得。福岡は放送がなかったんやね。
前にこの番組見た事があるけどやっぱり泣いちゃったよ。
いつも文句ばかり言ってる家族に対して優しくしなくっちゃと思わせられる番組です。
Posted by さとみ at 2006年08月09日 22:05
家族が突然いなくなるなんて…もし、今そんな事があったら、きっと私は寝込んでしまうだろうなぁ〜〜…

もしもの時、後ろを振り返ってばかりではいけん事位わかってはいるものの、なかなか…ね。

私も思う…今の幸せが長く続きますよ〜に…
いつまでもみんな健康でありますよ〜に…。
Posted by りえママ at 2006年08月09日 22:09
おひさしぶり〜(*゚▽゚)ノ

私もこの番組やると必ず見てます。
ボロボロ泣きながら見てたよ。

前にも言ったけど3年前に突然祖母が亡くなって、未だに信じられなくて。番組と重ね合わせちゃって、一家で号泣しながら見てたよ。
もうすぐお盆。ゆ〜っくりと、ばーちゃんとの思い出に浸りたいと思います。
Posted by ぱんちゃん at 2006年08月09日 23:45
☆のりすけ☆
のりすけ、忙しいのにカキコに来てくれてありがとう。体調は大丈夫?この放送日がちょうど大切な人を亡くした日だったんだね。その時のことを思い出すととっても苦しいと思うけど、いつも感謝の気持ちを忘れないって大切だね。きっとその人も安心してのりすけのことを見ているよ(^^)

☆さーC☆
以前、さーCからお父さんの話を聞いているだけにこのお父さんの一言にジ〜ンと来てしまったよ。お父さんはとっても前向きな明るい人だって言ってたよね。すごく家族を思う人だから、そんな人をお父さんに持つさーCのコメントもいつも明るくて私も元気をもらえるわ。お父さんに会ってみたいなあ。

☆ちゃいぶ☆
この日、パパにメールしたら野球見に来てるって返事来たからその試合に行ってたんかな(笑)ちゃいぶ☆、江原さん好きって言ってたよね。この番組、いろいろ考えさせられるね。福岡でも早く放送されますように。

☆藤子さん☆
長女ちゃんの一言も納得!実は所々で私もそう思うことあるから。でもそれ以上にやっぱり感動する場面の方が多くて。きっと長女ちゃんもこれからいろんな経験をしていくうえで気持ちの変化もあるかもね。でもできることなら別れはやってきてほしくないですねえ。

☆まみぃ☆
まみぃはご両親を亡くしてるんだね(/_;)いつかはやってくることだけど、これほど辛い別れはないよね。でも今、家族がいてそして幸せでいられることにとても感謝だよ。まみぃのご両親も私の母もきっと天国で安心して見てくれてるやろね。

☆さとみ☆
いつも何気なく過ごしてるんだけど、その家族がもし一人でもいなくなった時のことを考えると家族の大切さってすごくわかるよね。この番組を見ると反省すべきことがたくさんあるよ。

☆りえママ☆
ダンナがいて子供達がいて、それが当たり前のようになってるから、そこから一人でもいなくなるなんて考えられないよ。想像を絶する苦しさだと思うよ。できることなら誰もそんな思いをしないで生きていきたいわ。

☆ぱんちゃん☆
番組を見ながら亡くなった人のことを思い出した人はたくさんいただろうね。思い出すのは悪いことじゃないよ。忘れることなんてできないもん。でも思い出して悲しみに暮れるんじゃなくて、いい思い出として前向きに生きていけたらいいね。
Posted by ふくまま at 2006年08月10日 21:20
福岡では13日の13時〜放送があったよ。

もちろん、観たけど最初から号泣。線路で亡くなった男の子のお母さん。
自分を責めてしまうの気持ちが分かりすぎて。

私はどちらかと言うと見えないものも信じる方。
勿論信じない人もいるだろうけど、でも江原さんの言葉で今生きてる人が少しでも楽になって自分を許すことが出来て生きていけるのならいいんじゃないかなって思う。そういった点で、江原さんと三輪さんは何か信じられるって言うのか信じたいな〜って思うよ。
Posted by ちゃいぶ☆ at 2006年08月16日 21:55
☆ちゃいぶ☆
そっちでもやっと放送があったんだね。
子供が亡くなったら母親だったらみんな自分のせいにしてしまうよね。私ももしその立場だったらと想像すると母親の気持ちがすごくわかるよ。江原さんの言葉はやさしくて気持ちがすごく楽になれるよ。もしかなうなら私も江原さんにお願いして母と話したいわ。
Posted by ふくまま at 2006年08月17日 11:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22101625

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。