2006年05月17日

楽しみなこと

今週、来週はましゃのTVテレビ出演が続くのがとっても待ち遠しく、待ってる毎日もとっても楽しいんだけど、それ以外にも楽しみなことが数回待っています。
その中のひとつが数年ぶりの自分の為の映画映画
28日に久しぶりに会うましゃ友ちゃんと映画に行きます。
子供の為に見に行った映画はあるけど、私自身が見たくて行く映画はホント何年ぶりだろう。
今とっても見たい映画が2つあります。
『海猿』と『明日の記憶』

海猿は梨香も見に行きたいと言っていたので一緒に行くつもりにしてたのに、昨日の代休に友達と見に行ったのです。母はみごとにふられてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
この映画を見た後の梨香。ダイスケくんがめっちゃかっこよかったと、そして将来結婚するなら海上保安庁の人がいいなどと言い出しております。
私は常々言っているんですよ。
航輝にはレスキューのように人を助ける仕事をしてほしい。そして梨香にも人の為になるような職業に。そしてダンナさんにするならレスキューの人と(笑)
もしこういう職業に就けば、家族としてはとても心配だけどね。なんかずっと黒ハート憧れてるんですよ。
まぁ、あくまでも理想ですけどね。子供は親の思うようには生きていってくれませんからね〜。

『明日の記憶』もとても気になる映画。
若年性認知症。認知症って私よりもずっと年配の人の病気と思っていたけど、最近ではそうでもないらしい。私くらいの年齢の人も例外ではない。ひとごとではないんです。もし私が、ダンナがそういう状況になったらどうなるか全く想像もつきません。
posted by ふくまま at 23:42| 大阪 ☔| Comment(9) | TrackBack(1) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パパがごくふつーうのサラリーマンですいません
だからこそ、梨香やこーちゃんに期待しているのも分かりますし、そーあってほしいことは同感です。ただ二人ともまだまだこれから自分が何を
やりたいのか見つけだせていないし・・・
昨日のスポルトで将来サッカーでワールドカップを目指すと言っていた子供が出演していましたが
我が家の二人のチビどもが目指すものを語ってくれればいいのですが・・・。
認知症?良く判らなかったのでインターネットで
調べテストをしましたが、心配ご無用です。http://www.e-65.net/check_index.html
↑でテストをしましたが疑いなしです。
安心してください。一人暮らししているので常に頭の中が活性化しているのがいいのかも知れません。あと手元にバイクがあれば・・・
Posted by 久しぶりのパパ at 2006年05月18日 01:25
同じ〜!!今みたい映画ふたつ、ふくままとまるで一緒!!(笑)
海猿は今月末に夫と見に行くの!
2人してドラマと前回の映画にはまったのよ〜
そして「明日の記憶」は私のブログでも書いたころあるんだけど
糸井重里さんが自分のHPでこの作品を応援するコーナーを作ってらして
それを見てから気になって気になって・・
いま原作本を借りてきて読み始めたところだよ〜
これもぜひ夫と行きたい!
最近夫婦で物忘れが激しすぎるのも心配なんだけど
でも一緒に見ることで、この先の夫婦としてのあり方なんかも
一緒に考えていけるかなぁ。。なんてね♪

子どもの将来、、、親もいろいろ考えちゃうよねぇ。。
コークにはまあ技術系でなるべく人と関わらなくてすむ場所をみつけてほしい(笑)
人とかかわることでのストレスが多すぎるとパニックになるからね〜
次男三男はもうやりたいようにやっちゃってください!!だけど
サッカー関係がいいな〜〜(笑)
うちは災害時には家族を置いて出かけていく職業だから
家族的にはそれは寂しい時があるよ〜〜
Posted by ふきこ at 2006年05月18日 07:31
そうそう!昨日言い忘れたんだけど
あたしも24日に有休取ったけん海猿見に行くんよ〜^^
ままより先になっちゃったけど(^w^)

専門職っていうか…カッコイイよね(笑)
危険とは隣あわせで環菜みたいに毎日がハラハラなのかしれんけど。

梨香ちゃんが「将来結婚するなら海上保安庁の人がいい」ということはエンディングがやや上向き加減で想像できる(><*)
Posted by ユウ at 2006年05月18日 10:53
今ヤフトピ見たら28日(日)に伊藤英明が4大都市を舞台挨拶で回るみたいやんん!!
福岡が午前9時開始で大阪は午後0時45分だってよ!!!!
その回に入れば生、伊藤君が見れる可能性大!!かもね^^
Posted by ユウ at 2006年05月18日 11:05
子供が将来どんな仕事につくか、またはどんな人と一緒になるかっていうのは、楽しみでもあり
心配でもありますね。
(結婚出来るかという問題もありますが・・)

二人ともまだ全然進みたい道が決ってなくて
高2の長女はそれが悩みみたい。
私としては、どんな仕事でも良いけど、
どうせなら一生続けられる仕事について
一人でも生活出来る人になって欲しいです。
現実的でしょ〜?

ちょっと前に「私の頭の中の消しゴム」っていう
韓国の若年性アルツハイマーの映画を
見たけれど、すごく悲しくなってしまいました。
本人も辛いけど、やっぱりみている家族は
本当に辛いですよね。
自分に置き換えたとき、どこまで面倒見て
あげられるかと思ってしまいました。

Posted by 藤子 at 2006年05月18日 13:15
ふくパパのテストを思わずやってしまいました。
何とか、、、でしたが、正直怖いです。
話は変わりますが、「海猿」、私も見たい!!!
先日、再放送を見て、話の筋は判ってるのに、また同じところで号泣でした。すっかり、加藤あいちゃんのファンになってしまって、、
最近、伊藤英明くんと一緒にバラエティに出過ぎですよね(笑)映画とのギャップが可笑しくて、、この映画、今日の芸能ニュースで、200万人を超えたそうです。もしかしたら、また、TVに続くなんてことにならないかしら?!
Posted by 真茶 at 2006年05月18日 15:03
ひと足お先に「海猿」観てきました。最終章だけあってスケール、デカかったよ★
また伊藤英明さんがカッコいいんだ♪あの筋肉(笑)
なんだかオープニングの「海猿」って字を観ただけで、ジ〜ンって胸が熱くなった。まだ誰も何も映ってないのに(;→㉨←)
「明日の記憶」私は、お母さんと見に行く予定!コレも泣きそうだねぇ。
Posted by まちきみ at 2006年05月18日 19:52
海猿も明日の記憶も、すごく良い映画見たいやね。
時間があったら、私もみたいな〜って思うよ。

私は身近に、似たような関係の仕事をしている人がいて、奥さんの大変さだとか、本人の精神的な苦労も知っているので、もし自分の子供がなりたいっていったら戸惑うな〜。



Posted by ちゃいぶ☆ at 2006年05月18日 21:49
☆久しぶりのパパ☆
私もテストした結果、今のところ大丈夫のようです。でも最近パソコンしながら単語が出てこないことがたまにある。けど、HPをやってるおかげで頭を使えていると思うわ。

☆ふきこ☆
ご主人と映画!?相変わらず仲良しでいいなあ。
28日はどうやら『海猿』を見にいくことになりそう。でも『明日の記憶』もゼヒ見たい!この映画、認知症患者を持つ家族の為の試写会が一番にあったらしく、主役の渡辺謙さんがまず家族の方に見ていただいて許しを得てから公開したかったって。
ふきこのダンナさんは災害時にかけつけなくちゃいけない仕事なんだあ。やりがいがあって感謝される仕事だろうけど、待ってる家族は心配だし、寂しい思いもするね。

☆ユウ☆
お〜!ユウも行くんだあ。ユウも見たいって言ってたもんね。
で、28日の舞台挨拶!私も今日夕方、一緒に行く友達からのメールで知った!行くからには見てみたい。でも21日の朝早くにチケット買う為に並ばなアカンらしい。ましゃだったら迷わず並ぶけどね〜。

☆藤子さん☆
自分のやりたいことはなかなか見つけられないものですね。早くに見つかる子の方が少ないと思います。うちの子なんてまだ14歳と8歳だから、全く未知の世界。親が勝手に想像しまくって、妄想を膨らませてるだけです(笑)
『私の頭の中の消しゴム』そういう映画だったんですね。気にはなっていたんですが見ませんでした。私も現実になった時にどこまでやれるか全く想像もつきません。

☆真茶☆
そうそう!真茶もこの番組のファンだったもんね。映画はもちろん。ドラマもすごくスケールの大きいドラマで、見ていてドキドキハラハラだった。今回の映画、最終章って言ってるけど、まだ続いてほしい気もするね。

☆まちきみ☆
もう見てきたんだあ!しかも『明日の記憶』も約束済みとは!テレビで何度も映画の予告流れるたびに張り付いて見てしまうよ。予告だけでもスケール大きいのがわかる。28日が楽しみだよ。

☆ちゃいぶ☆
そうだね。実際にそういう家族の大変なとこを見ると私も気持ちが揺らぐかも。今はかっこいい部分だけ見ていい部分だけ想像してるから言えるんだろうね。実際に本当に航輝がこういう職業に就いたら、毎日心配で眠れないかも。でも航輝は全くその気はなさそう(笑)
Posted by ふくまま at 2006年05月19日 00:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ご本人は分かっていないのです
Excerpt: スタッフはその自宅に見積にお伺いしました。 その日は横降りの大雨で玄関に立っているだけでもスーツが濡れてしまうほどの状況です。 こんな時に限って、お客様はなかなかドアを開けてくださらないもので、あ..
Weblog: 現実にある出来事の紹介
Tracked: 2006-05-18 12:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。