2007年01月27日

やっと戻ってきたDS

我が家のニンテンドーDS。LITEではなく初代のDS。
一昨年のクリスマスプレゼントとしてお義母さんが子供に買ってくれたもの。
上画面と下画面のつなぎの部分が壊れてしばらくはそのまま使ってたんだけど、上画面がだんだん見えなくなってきたバッド(下向き矢印)
それで昨年暮れの27日に電気屋さんの修理窓口に持って行ったんです。
そしたらお正月休みも入るので修理に1〜2ヶ月かかるかもと言われ、もしかしたら外側全部を交換しないといけない場合もあるので修理代も新しいDSを買う以上の代金がかかるかもと言われたの。
とりあえず見積もりを出してもらい、その金額によっては修理を取りやめ、新しいDS−LITEを買うかどうか検討するということにして預けて帰ってきました。
1ヶ月の間に2回ほど、つい1週間ほど前にも見積もりはまだか確認に行ったけど、まだ見積もりも出ていないということでシブシブ帰ってきたの。

そしたら昨夜電話があり、『お預かりしていました品物の修理が出来上がっております。』って言うじゃないexclamation
あれ〜?まだ見積もりも出てないって言ってたのに。
ものすごい修理金額とられたらどうすんのよがく〜(落胆した顔)と慌てて金額を聞くと、『前受金としていただいております1,050円で修理できました。』って。
あれまあがく〜(落胆した顔)どれだけかかるかわからないって言うてたのに、たったの1,050円??
すごい金額かもと覚悟してたからなんだか拍子抜けしてしまって。
でもきっとつなぎの部分だけを交換したんだわと勝手に納得して、今日品物を引き取りに行ったら。。。

キレイになって戻ってきたDS  開いてもピッカピカ(笑)


なんとexclamation×2ピッカピカの新品状態exclamation
修理に出したDSには本体が見えないくらいポケモンシールをペッタペタに貼ってたのに全く何もないキレイな状態で返ってきてる。
これにはビックリがく〜(落胆した顔)
たった1,050円でこんなにキレイにしてもらっていいものかしら。
申し訳なくて本当にいいんですか?と聞き返したもん(*≧m≦*)
メーカーのほうで外側全部交換したみたいですって言うのよ。
航輝にとっちゃポケモンシールがなくなって寂しいかもしれないけど、修理前はホンマに汚なかったもんなああせあせ(飛び散る汗)
これからいろいろとお金のかかる時期やから、高い修理代も払わんで済んだし、新しいDS-LITEを買わないで済んでよかったわあ。

でも帰ろうとした時の店内アナウンス『本日、wiiとDS−LITEが入荷しております。』にはグラッと揺らいでしまったけど(笑)
posted by ふくまま at 16:55| 大阪 ☀| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。