2005年10月26日

マジメな話

タイトルからしてわかるようにたまにはマジメな話。
昨日、『1リットルの涙』たらーっ(汗)で告知という問題にぶつかってお父さんとお母さんが悩んでいた。結局、亜也がうすうす感づいていたので告知してしまった。
ちょうど同じ年頃の娘がいる私。もし自分だったらどうだろう。
梨香に聞いてみた。「もし梨香が治らない病気で、余命わずかでだんだん身体が動かなくなる病気だったら告知してほしい?告知して残された時間、前向きに頑張ろうと思える?」
梨香は少し考えて「残された時間が半年とかしかないのに前向きになんかなれない。頑張ろうなんか思われへんバッド(下向き矢印)。ずっともうやだ〜(悲しい顔)泣いてる」と。
そうだよな〜14、5歳の子への告知は希望も生きる力も失ってしまう。
究極の選択。やっぱり私にはできないな。。。
難しい問題だ。

難しいといえば、先日のBlogの『B型に100の質問』の中に『臓器移植カードを持っていますか?』ってのがあった。
私は5年前から持ってます。

臓器提供カード

これはダンナも同じ考えなんだけど、もし脳死状態になったら延命措置はしないということ。
そして、臓器の全てを可能な限り提供したい。
自分の臓器を提供することで他の誰かの命が助かるなら喜んで提供したい。
でもただひとつ提供したくないのは目。
これだけはだめ。顔だけは傷つけたくない。

この臓器移植や延命措置に関しても賛否両論。いろんな意見があるよね。
こんなことを言ってる私も実際にそういう立場になった時、本当に迷わず家族の臓器提供に賛同できるかどうか。
自分の臓器提供は抵抗ないけど、家族のになると。。。
難しいです。。。
posted by ふくまま at 23:30| 大阪 ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | テレビ・芸能 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。